ディズニーランドの道

本業での話。仕事で短期間こちらに滞在される中国籍の方と話していた時に、その方はお母さんが来日されて3連休に東京ディズニーランドに行って来たのだそうです。天気が良かったので相変わらず混んでいたみたいですが、十分に楽しんで帰ってきたとの話を聞いたのですが、そういえば、『ディズニーランドの道ってクッション材が入っているって知ってる?』聞くと知らない様子。

意外に知られてないのでしょうか・・・・。

よく世界陸上やらオリンピックやらで高速グラウンドと言われる所がありますが、日本でそのはしりとも言うのがディズニーランドなのです。商売上の観点からみるとディズニーランドは心理学をよく研究して作られています。ディズニーランドって、朝から晩までアトラクションからアトラクションまでかなりの道を歩いていませんか?恐らく8時間以上の平均パーク滞在時間で10km程度は歩いている方が多いのではないでしょうか。でも・・・意外に疲れてない気がしませんか?(それがディズニーランドのマジックなのですが・・・)

実は、クッション性のある道のおかげで、子供やご年配の方が長時間歩いてもそんなに疲れません。仮に子供やご年配のご両親が『疲れ』てしまうと、帰るご家族が多いですよね。そうするとパークでの滞在時間は短時間になってしまい、例えば夜のパレードまで居てくれれば食事やグッツ購入を期待できたのが、機会損失となってしまう訳です。パークの滞在時間はパーク内での来場者売上に直結している、だからこそ、パーク全体にこうした床の魔法をかけても十分にペイするという思想なのかも知れません。

さて・・・そこまで考えなくても、ご年配の方や小さいお子さんは長時間過ごすのが家。床をクッション性の高いものにするというのも、ディズニーランド程ではありませんが、居心地(お子様の安全性)をよくするとも言われています。床暖房などと合わせてフローリング検討の際には一度お考えになると良いかも知れませんね。



ラベンダー訪夢は、春に向けた明るい家作りをプランニングされるご家族を応援しています。

Mainlogo2

札幌近郊ローコスト住宅のラベンダー訪夢

 

 

| | コメント (0)

お菓子の家

家を建てるなんて資金がないから、まだまだ・・・という方もたくさんいらっしゃるのでしょうが、お子様がいらっしゃる家庭では、お菓子の家を建てる方もいらっしゃる様です。

こんな家や(その工程までしっかり記録されています)

こんな家もありました。ウェハースが美味しそうです。

パンで作る本格的なや、

ヘンゼル、グレーテルも思わず涎をたらしそうな、こんな家もありました。

どの家もとてもよく出来ていますが、やはり基本は、実際の家づくりと同じく、耐震性能・・・というか、接着や耐荷重などの基礎設計部分の様です。作っていて壊れてしまわない様に作るのがポイントのようですね。

今年はご家族で家作りの甘い夢、見てみませんか?

ラベンダー訪夢は、お菓子の家の様に夢のある家づくりを応援しています。

Mainlogo2

札幌近郊ローコスト住宅のラベンダー訪夢

 

 

| | コメント (0)

3匹のこぶた

木とコンクリートとレンガ、さて、この中で一番断熱に優れているのは?

 

実は木材なのです。三匹のこぶたの物語では、ワラ、木、レンガの家の中では、レンガの家が狼の攻撃に耐えられる程、耐久度抜群でしたが北海道で一番重要な、冬の寒さに一番耐えられる基本素材は、木の家なのです。木の断熱性能はコンクリートの10倍と言われています。5cm厚の木は、50cm厚のコンクリートと同等の断熱性能なのはちょっと意外ですよね。

木材が断熱性で優秀なのは、木自体が中に無数の空気穴を持っているので外熱/内熱が伝わりにくいのです。冬暖かく、夏は涼しく・・・、木材と断熱材、2重窓などによって更に断熱性能の優れた家が造れるのです。

木の家は癒しの効果もあると言われています。木材はもともと生物ですので、人工物であるコンクリートやレンガなどと比べて、人との調和能力に優れているのかも知れませんね。使う木材によっては新築の家は特に、森林浴と同じ様な効果を持っている気がします。是非、自分に愛称が良い木の素材を使った家作りを考えて欲しいですね。

 

ラベンダー訪夢は、人々に安らぎを与えるといわれる木の家作りのプロ集団です。

Mainlogo2

札幌近郊ローコスト住宅のラベンダー訪夢

 

| | コメント (0)

組み立て式の家

テレビを見ていたら、コンテナサイズで家を分割し、組み立てるタイプの工法紹介が行われていました。道内企業さんの工法(ここでは名前を伏せますが)で、完成までが早い事を含め、面白いな~と思ってみていました。

確かに宣伝も、2-3ヶ月で家が建つ、地震に強い、将来移動が可能(土地があれば引越し可能)という点が強調されていました。札幌に住んでいるけどリタイアしたらニセコに住みたい・・・雪が降る前に家を建てたい・・・地震に強い家がすぐ欲しいといった方や、もともとの製造コストの高い関東圏の方には魅力的な工法だと思います。

 

北海道の工場で生産して全国各地に、コンテナ輸送。効率良く家が作れるので安いのだろうな~と思って参考までにHPで見てみると、決して価格が安いという訳ではないようです。4LDKで札幌圏内で1830万~(坪単価50万弱!)。値引きが入って、でもオプションも入るので大幅に価格下げるのは難しいかも知れませんね。

 

ちなみに同じニュースを見た、既に家持ちの先輩は、『ありゃ、将来の間取り変更が難しいだろうね』と一言。梁の関係(組み立て式だと梁は動かせない=改築時に制約となると思った方がベター)はよく理解して見る事も必要な様です。

    

ラベンダー訪夢は地域にしっかり根を張った家作りを心がけています。

Mainlogo2

札幌近郊ローコスト住宅のラベンダー訪夢

 

 

 

| | コメント (0)

耐震偽装事件から9ヶ月

姉歯元一級建築士の裁判が始まりましたね。

被害に遭われたマンション購入者は何も悪い訳ではないのに、住居を強制退去させられて、未だに偽装マンションの建て替えもできない実情があります。

マンション居住者全員の同意が取れないと建て替えられないという縛りが大きいのか、追加ローン負担等経済的理由で反対する方が何人かいらっしゃって、建て替えが頓挫しているところが大半の様です。

自分もマンションに住んでいますが、区画所有権(部分的な権利)なので、ベランダに物を置くと指摘されたり、布団をマンション外壁に出して干せなかったり(見栄えの問題)、改築に際してもいくつかの制約があります。そうした制約がこうした想定外の耐震偽装問題では負の方に働いているのでしょう。思えば行政の監視体制がいい加減であったから発生した問題なのですから、縦割り行政とは違った視点で、行政主導の解決策を出して貰わないと厳しいのかも知れません。

ラベンダー訪夢が携わる一戸建てでは、こんな事は起きる要素がありません。そもそも手抜き工事をしていたら、地域密着工務店としてこの地で商売が出来なくなります^^;

基礎工事から施主にオープンにする手法を採用していますので、大手さんより安心とお褒めの言葉を頂くことも多いのですよ。地震にも強い家づくりをしていますので、次の見学会等があったら(まだまだ家は先だな~と思っていらっしゃる方でも)是非見に来て下さい。

ご参考 > ストロング工法の家

  

ラベンダー訪夢はガッチリした基礎であなたの大切な家族と家屋を守ります。

Mainlogo2

札幌近郊ローコスト住宅のラベンダー訪夢

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お菓子の家

本日のお題。お菓子の家は建つのか・・・という色物については、朝から旭川にプチ出張だったのですが、その車内でふと思いつきました。

ヘンゼルとグレーテルで有名なお菓子の家、フンパーディンクという作曲家が、子供向けのメルヘンオペラとして書き上げた作品で、初演は1893年と・・今から100年以上も前になります。

どんな作品だったかを知りたい方はこの辺りを参考に・・・

・ ヘンゼルとグレーテルよもやま話

・ WikiPedia ヘンゼルトグレーテル

今ではオペラと言うより童話として読み聞かされている事の方が多いかと思うのですが、ネットを調べてみてびっくり。意外とチャンレンジしている方がいるんですね。

・ 素敵なお菓子な家づくり

この家、写真入りで綺麗にご紹介されています。見るからに美味しそう。さしづめ小さな家ウェハースの2×4タイプの家でしょうか・・・・。でも最後は人災によって崩壊の危機に瀕す所でちゃんとオチがついています。

しかしこんなもんで驚いてはいけません。作品例として『人が入れるお菓子の家』を完成させた方々もいらっしゃるのです。食パンの壁がクッキーの様に見えます。土台づくりから見ると本当に家つくっている雰囲気ですね~。

ある意味子供の頃の夢のお家、当然の事ながら雨に打たれると崩壊してしまう様な家なのですが、家づくりもこうした施主のロマンが感じられる家、こだわりをもってわたしたちプロ(工務店)と相談された家づくりをされると、こうした家づくりの時の様なワクワク感が作り手であるわたしたちにも伝わってきて良い家になっていくのかも知れません。

・・・お菓子の家、建売で売り始めたら、カラスに大人気でしょうね~。あ、幻のお菓子の家ってつけておかないと駄目ですね^^;;

  

※ラベンダー訪夢(ほーむ)は、お菓子の家は10年保障できませんので作りませんが、貴方の素敵なロマンが詰まった家づくりはお手伝い致します。

Mainlogo2

札幌近郊ローコスト住宅のラベンダー訪夢

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌時計台

日本三大がっかりと言えば、諸説あるのですが、

札幌/時計台

高知/はりまや橋

那覇/守礼門(首里城)

辺りを指す事が多い様です。

※首札門の変わりに長崎のオランダ坂、仁徳天皇稜と言う人もいます。

札幌在住の身としては、観光資源の前で写真撮影をされている観光客を見ると『・・・・』と思ったり、内地から人が来ると車の窓から写真撮らせたりしておりますが、建物以前に、あの地理的環境がきついな、と言うのは誰もが認めるところでしょう。

札幌市庁舎(昨日はミッキーマウスが表敬訪問したそうですが)、商工会議所、AIR-Gの入っているビルと・・・周りに高いビルが立ち並び、それが一層、時計台の雰囲気をぶち壊します。

写真を撮る際にも背景画像としてビルが入らない様に撮るのは至難の業で、古きよき時代の時計を見に来た観光客の人気も、その場所に来たという証、建物というよりむしろ横にいる仲間と一緒の写真にこそ価値があるといった趣で、シャッターを切っている感があります。

札幌時計台だけでなく、例えばニセコのスキー場周辺、オーストラリア資本がいきなり周囲とそぐわない建物をつくってしまって周辺住民とトラブルになりかけている、といった事も最近はある様です。住宅を建てる場合は、周辺環境との調和を取って建てた方が良いというのは、いつの時代も変わらないのかも知れません。

さて、そうした時計台ですが、中に入ってよーく見てみると、木造2階建てで、意外に梁が少ないのにびっくりします。今で言う2×4にやや近いかも知れません。太い柱は使わず壁や半柱で構成されており、特に2Fホールは外が小さく見える分、意外に広く感じます。

開拓時代にはアメリカ的モダン建築で、技術的にも優れた建物として皆に愛された建物・・・惜しむべくは良すぎる立地条件ですが、今で言う北大の1施設(2Fホールは体育館や講堂として利用されていた様です)としての趣ある建物という事で見てみるとまた違った見方ができるかも知れませんね。

※次に空台風が来てポプラ並木が全滅したら北大の中に移設してしまうと良い雰囲気なのかな・・・

 

 ※ラベンダー訪夢(ほーむ)は、長年住まれる方に喜ばれる家づくりを一緒に考えます。

Mainlogo2

札幌近郊ローコスト住宅のラベンダー訪夢

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瓦屋根

本州では見られるが、北海道ではあまり見られない風景。それが瓦屋根の建物が少ない事と気付く人は少ないかも知れません。

開拓の進んだ明治時代には西洋建築技術が盛んに取り入れられてきたからか、豪雪で1年の半分は建物の元の形状が分からなくなるからかも知れませんが、意外に北海道の方は瓦屋根の建物が少ない事に気付いていません。比較的多いのは函館くらいですかね。

新潟の地震発生時にかなりの家が被害を受けていました。さらに被害を受けた建物が豪雪で半壊、全壊したという話や映像をご覧になった方は多いかと思いますが、瓦屋根に積もった雪は凍って重くなる事もありますし、厳しい冬ゆえに、瓦もダメージを被り割れてしまう事もありますが、雪を落としやすい西洋風住宅、屋根構造の方が道内では支持されています。

小樽のニシン御殿は日本家屋の瓦屋根ですが、これは屋根が壊れてもすぐに直せる(職人を本土から呼びつけていたと言われていますが)財力があったからだと思います。

雪の重さに耐えられる工法という点では、今の建築技術なら補強方法も豊富で、構造的に支える事は十分可能ですが、雪+地震+修理・・・そうした事を考えるとそれ自体に重さがある瓦というのは選択される方は少ないのかも知れません。見た目の重厚な日本家屋より、雪ハネが楽な融雪住宅・・・そんな考え方が多いのも納得できます。

でも、瓦屋根が珍しいからと言って、子供がニシン御殿の『瓦屋根の写真』を取っていたのにはちょっとびっくりでした。け、決して瓦屋根は「魚のウロコ」ではありませんので、ご父兄の皆さんは、お子様にはよーく瓦屋根・・・教えておいて下さい。

 

 ※ラベンダー訪夢(ほーむ)は、ベタ基礎工法によるしっかりした家づくりをお手伝いします。さ、さすがに瓦屋根の住宅のリクエストは最近はありませんが・・・。

Mainlogo2

札幌近郊ローコスト住宅のラベンダー訪夢

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家づくり工法(3) 外断熱

外断熱工法は、住宅骨組みの外側から断熱・気密加工する工法です。発砲スチロール、ウレタン等のプラスチック系の断熱材を使う事が多いかと思います。

家の外側から断熱・気密加工を行う事で、当然の事ながら高断熱化・高気密化にはかなり効果があると言われています。また、最近流行でもある、室内に柱や梁を露出させて空間の広がりを最大限に活かせる様な家づくりも可能となります。

一方で2×4と同じく、室内の音がカンカンと響き、二世代住宅等では防音対策も考慮する必要があります。勿論、最近の防音対策は技術が進んでいるので、しっかりした工務店であれば特に施主が気にしなくても、防音は考慮された家づくりプランが出てくると思って間違いありません。

他の工法と比べて弱いところと考えると、他には特にこれという点はありませんが、内断熱工法に比べて、ややデザインの自由度、増改築の自由度に制約がありますが、これも専門家がみる技術的な部分であって、工数が多少変わる程度ですみますので、あまり気にする必要はないと思います。

結局のところ、2×4、外断熱、内断熱などの工法はどれを採用しても同じ性能のほぼ同じ間取りの家が出来ると思います。どの工法も一長一短がありますので、各住宅メーカー、工務店の得意とする工法での家づくりプランをじっくりと聞いて、そして一番肝心なのが、『どんな家をつくりたいのか』、施主として貴方と貴方の家族のイメージをしっかり考える事なのだと思います。

 

 ※どんな工法でも家の出来は、工務店の腕次第。ラベンダー訪夢(ほーむ)は、地域密着の家づくりのプロとして貴方に合った家づくりのプランを一緒に考えます。

Mainlogo2

札幌近郊ローコスト住宅のラベンダー訪夢

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家づくり工法(2) 内断熱

内断熱(充填断熱)は、住宅の骨組みの柱と柱の間に断熱材を充填します。グラスウール(繊維)やウレタン、発砲スチロール等を充填する工法です。材料は、コストが安いのでグラスウールが使われる事が多い事もありますが、他工法と比べて断熱コストが安く済む事が最大の魅力です。

また、他の工法と比べると、骨組みと断熱層が一緒になるので全体的にすっきりした家づくりが可能です。(デザイン面では一番応用が利きやすいといわれています)一方で高気密工事が他工法より技術がいるという面もあります。防音面では外断熱、2×4よりも防音性が高くなるとも言われています。

一方マイナス面として、『内断熱の家は腐りやすい』と言われている事でしょうか。事実木材が腐ってしまった家はかなりあります。高断熱+高気密が実現出来ていない事が原因として考えられますが、最近の家では課題であった高気密化も技術的には確立されており、しっかりした工務店(技術力のない工務店や、手抜き工事は分かりません)であれば、まず問題はありません。

他に考えられるとすれば、外断熱工法に比べた場合、柱や梁を室内に出す様なデザインはやりづらいかも知れません。

2×4、外断熱、内断熱などの工法はどれを採用しても同じ性能のほぼ同じ間取りの家が出来ると思います。どの工法も一長一短がありますので、各住宅メーカー、工務店の得意とする工法での家づくりプランをじっくりと聞いて、そして一番肝心なのが、『どんな家をつくりたいのか』、施主として貴方と貴方の家族のイメージをしっかり考える事なのだと思います。

 

 ※どんな工法でも家の出来は、工務店の腕次第。ラベンダー訪夢(ほーむ)は、地域密着の家づくりのプロとして貴方に合った家づくりのプランを一緒に考えます。

Mainlogo2

札幌近郊ローコスト住宅のラベンダー訪夢

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧